「DX検定™」を受検するにあたり、どう学べばいいのでしょうか。 また、受検した後はどう活かせるのか解説します。

◆なぜDX用語の学習が重要なのか

DX(デジタルトランスフォーメーション)の世界では日進月歩で進化し続ける デジタル技術を使って、UI、UXに優れたビジネスモデルを構築し、 それをシステム開発していく必要があります。デジタル技術には多くの用語があり、 これまでの日常業務では知り得ないものが大量にあります。 このDX関係用語を知っていないと、DXプロジェクトでは会話にさえ入れず、 仕事にならない状態になります。したがって、DX型の仕事では、 DXの仕事をする人同士でコミュニケーションが行えるDX用語を使えることが必須になってきます。 このDX用語を学んだり、どれだけDX用語を理解しているのかを計る目的などのために、 DX検定は実施されています。

◆まず、何から学ぶ?

まず、学習シラバスを参照し、どのような用語が出題されるのかを見てください。 知っている用語、知らない用語がそれぞれあると思いますが、 知らない用語が多くても気にする必要はありません。スマホやPCでインターネットで調べて意味は、 利用例などをひとつずつ調べていってください。知らない用語であっても、 調べることで知っている用語になり、何回か繰り返して調べることで、理解が深まります。 これを毎日数を決めて実施し、試験までに何回か繰り返してください。

検定準拠のeラーニングや、参考著書を使うことも有効です。 eラーニングや推薦図書に紹介されている用語は重要用語なので、しっかり覚えてください。 DX検定では広い範囲から多くの用語が問われるので、教材だけでなく、 日々インターネットやニュース等で用語を調べることが高得点を得るコツになります。

◆検定準拠教材「DX Study™」

先端の必須IT技術用語/ビジネストレンド知識を短時間で習得できる、「DX検定™」完全準拠のeラーニング教材。修了証の出力も可能。

IT技術トレンド(IT技術知識)編とビジネストレンド(ビジネス知識)編の 両分野から厳選した必須用語の理解度を向上させるための初めての「eラーニング」教材です。 検定とeラーニング、どちらもお申込みになりたい場合は、セットパックのご利用がお得です。
用途としては、企業の新入社員教育、社員のIT・ビジネスリテラシ教育などに最適な用語学習から、 提案SE、エンジニアなど実業務でIT技術を活用している人財、 IT関連サービスの営業人財などにも必要な先端技術項目全体の速習・強化ツールとしてもご活用頂けます。

◆DX検定™ 推薦図書

「図解コレ1枚でわかる最新ITトレンド新装改訂3版」
斉藤昌義 著 (技術評論社)
2020年2月発刊

「AI白書2020」
IPA編集
(角川アスキー総合研究所)
2020年3月発刊

「イラスト&図解でわかるDX
(デジタルトランスフォーメーション)」
兼安暁 著(彩流社)
2019年10月発刊

「インターネット白書2020」
インターネット白書編集委員会
(インプレスR&D)
2020年2月発刊

「日経テクノロジー展望2020
世界を変える100の技術」
(日経BP)
2019年10月発刊

「プロセスで解き明かすイノベーション」
NPO法人ITコーディネータ協会監修
(日経BP)
2014年5月発刊
※本書をご希望の場合は検定委員会までご連絡下さい。

「業界別!AI活用地図8業界36業種の導入事例が一目でわかる!」
本橋洋介 著(翔泳社)
2019年11月発刊

◆どんな問題が出題される? サンプル問題

DX検定™のサンプル問題を3題,ご紹介します。


【問題】

ブロックチェーンに関する以下の記述中の【A】と【B】に入る適切な言葉を選びなさい。

ブロックチェーンは、【A】の元帳であり、2者間の取引を効率的かつ【B】な方法で記録することができ、改ざん困難な記録の方式として通貨以外への応用もある。

  • 選択肢1: 【A】オープンな分散型  【B】検証可能
  • 選択肢2: 【A】集中型  【B】検証可能
  • 選択肢3: 【A】オープンな分散型  【B】高速
  • 選択肢4: 【A】集中型  【B】高速

【正解】

選択肢1


【問題】

以下は、AIスピーカに関する記述である。次の選択肢の中から、最適なものを選びなさい。

  • 選択肢1:AIスピーカとは、Wi-FiやBluetoothを通じて音声操作によって、自家用車のコントロールや、天気予報やニュースを教えてくれるなどのさまざまなアシスタント機能をもつスピーカーのことである。
  • 選択肢2:AIスピーカとは、Wi-FiやBluetoothを通じてスイッチ操作によって、家電のコントロールや、天気予報やニュースを教えてくれるなどのさまざまなアシスタント機能をもつスピーカーのことである。
  • 選択肢3:AIスピーカとは、Wi-FiやBluetoothを通じてスイッチ操作によって、自家用車のコントロールや、天気予報やニュースを教えてくれるなどのさまざまなアシスタント機能をもつスピーカーのことである。
  • 選択肢4:AIスピーカとは、Wi-FiやBluetoothを通じて音声操作によって、家電のコントロールや、天気予報やニュースを教えてくれるなどのさまざまなアシスタント機能をもつスピーカーのことである。

【正解】

選択肢4


【問題】

以下の記述中の【A】に入る適切な言葉を選びなさい。

【A】は、機械学習の方式の1つであり、人間の脳の構造を真似たニューラルネットワークを、何層にも重ねたものである。【A】が注目を集めるようになったのは、「オートエンコーダ(自動符号化器)」という仕組みによって、人間に依存することなく人工知能の能力(精度)を向上させることができるようになったためである。

  • 選択肢1: 【A】ビジネスインテリジェンス
  • 選択肢2: 【A】オントロジー
  • 選択肢3: 【A】ディープラーニング
  • 選択肢4: 【A】エキスパートシステム

【正解】

選択肢3

◆受検者の声「受検をおすすめする理由」

「 自身の現状把握や情報収集の偏りを減らすきっかけになると考えています。
知識の幅を広げ深めるきっかけになります。 」

「 DXという言葉でくくられる範囲が広すぎて、興味はあるがどこから手を付けてよいかわからない人が多い中で、 今、何が、どうなっているのか、という部分を広範囲に学習することができるため優れていると思う。 」

「 今後のビジネスの世界において必要と思われる知識が網羅されている。 自社の若手にも時代の流れを把握してもらい、共に新しいビジネスモデルを創出したい。 」

「 高スコアを出すためには幅広い知識が必要であり、いろいろなことに興味を持たせるには 良いきっかけになると思います。 」

「 DXという漠然としたモノを、しっかりと見える化された スコア形式での結果で確認することができる。 」

「 学習意欲が強い若手以外は自分の業務以外のことに目を向けなくなりがちのため、
知見を拡げる意味でも受講したほうがよい。 」

◆検定を利用している企業の声

<インタビュー>

住友生命保険相互会社 情報システム部 兼 代理店事業部 担当部長 岸和良氏

住友生命では、DX型の健康増進型保険の開発を経て学習した「DX人財に必要な要素」を体系化し、 既存のITエンジニアの中から、資質面で向く人財候補を選定し、 その人たちにDX人財になるための集合研修、動画研修、オンライン研修、 OJTを実施し、DXプロジェクトに順次投入しています。

この過程で必要になる「資質」による候補者選定において、 DX検定の結果数値を活用していますDX型プロジェクトでは、 AI、IoT、プラットフォーム、UI、UX、マイクロサービスなどの専門用語を理解していることが必要です。 DX関係用語を多く理解しているほど、DXプロジェクトでスムーズに仕事ができる傾向があるからです。 また、このような用語を普段から勉強している人財ほど、点数が高くなるので、 DX検定で高い点数をとる人財は勉強熱心で、自己能力向上意欲も高いことから DXプロジェクトに向くと考えています。この考えに基づき、住友生命では、 これまでITエンジニア100人以上にDX検定を行い、獲得点数を参考にDXプロジェクトの投入を実施しています。

<ご参考>
住友生命様のDX人財の取り組みは以下のように取材されています。
住友生命が目をつけた意外なDX人材「発掘先」(「日本経済新聞 電子版」2019/10/28 )
保険の新境地に挑むためのDX人材の育て方(日経XTECH Special「D×D Sumimit Review」)

<アンケート調査>

◆「レベル認定」のご紹介

「DX検定™」は、2020年よりDXを目指す企業の人財育成・知識評価の標準指針として活用ができるよう、以下のようにDX知識レベルを認定しています。 DXプロフェッショナルレベル、DXエキスパートレベルに認定された方には、学会の委員会から認定ステッカーが贈呈されます。 また、名刺・プロフィールへの認定レベル掲載も可能となります。

スコア 認定レベル
800点以上 DXプロフェッショナル レベル
700点以上 DXエキスパート レベル
600点以上 DXスタンダード レベル

▲認定ステッカー
「DXプロフェッショナルレベル」(左)
「DXエキスパートレベル」(右)

※ご参考

◆名刺やプロフィールへの記載方法

「DX検定™」でDXプロフェッショナルレベル、DXエキスパートレベルに認定された方は、 ご自身のプロフィール、名刺等に記載することが可能となります。

2020年に実施した検定にて認定された場合は、以下のように記載ください。

DX検定™「DXプロフェッショナルレベル(2020)」認定

DX検定™「DXエキスパートレベル(2020)」認定

※認定の有効期限は、認定月より2年間有効です。
 例えば第4回検定は、2020年の2月に結果発表がありましたので、2022年の2月まで有効です。

◆「DXプロフェッショナルレベル」(1000点満点中800点以上)が学会より表彰

DX検定(第1回~第4回)で、とくに優秀な成績をおさめられた12名が、 日本イノベーション融合学会より表彰されることとなりました。
今回の対象者は、「ITBT(R) 検定(2018/2019)」と「DX検定™ (2020)」において、 「DXプロフェッショナルレベル」(1000点満点中800点以上)に認定された方です。
表彰式は、今回のコロナ禍により延期されていますが、表彰式の模様はまた別途ご案内します。

本件が、経済産業新報社が発行する「経済産業新報」2020年 8月1日8月15日合併号にて報道されました。 掲載元の許可を頂き、該当の記事部分をご紹介します。

合併号12面

日本イノベーション融合学会(IFSJ、有賀貞一会長、高梨智弘理事長)が、DX時代に生き残る人財育成の土台作りとして 「最先端IT知識とビジネストレンドの基礎知識検定」“ITBT(R) 検定”(2020年より、呼称をDX™ 検定に変更)」を 2年前にスタートしました。

今までに数千名が受検し、特に優れた知識を有する12名を、当学会が8月1日に会員総会において表彰することを発表する。 「ITBT(R) 検定(2018/2019)」と「DX検定™ (2020)」において、「DXプロフェッショナルレベル」(1000点満点中800点以上)に 認定された12名が所属する企業名が公表された。

有限責任あずさ監査法人、NTTラーニングシステムズ(株)、(株)コア、ソフトバンク(株)、日本ITストラテジスト協会、 (株)オーイーシー、富士通ミドルウェア(株)、(株)ミライト、(株)NTTドコモ、スミセイ情報システム(株)他。