ニュースリリース

社員のDXリテラシースキルを オンラインで育成し、DXレベルの認定まで可能な 先進の「DXリテラシー育成・認定パック2022」を4月1日発売

DX時代に向けて全社員のリスキリング、 新入社員・内定者研修、若手・中堅社員のDX意識底上げに活用可能

 ニュースリリース
DX(デジタル・トランスフォーメーション)手法で、企業人財のDX情報感度、イノベーティブ度、ビジネスコンピテンシー等の先進の客観アセスメントを独自開発し、組織人財分析コンサルで、累計1400社、400万人以上の人財分析実績をもつ、株式会社ネクストエデュケーションシンク(略称:NET)(本社:東京都文京区、代表取締役:斉藤実)は、企業の「DX人材不足」を解消するための第一歩として、全社員を対象に、3カ月でDXリテラシーを学び、2022年7月の検定によりDXレベル認定までオールインワンで取得可能な「DXリテラシー育成・認定パック」を2022年4月1日より販売開始いたします。 ※「DX検定(TM)」は、一般社団法人 日本イノベーション融合学会が主催する検定です。

<内容>

DX時代と言われる現在、企業のDXへの取り組みは加速していますが、DX人財の不足が企業がDXを推進する際の足かせになっているとも言われています。
しかし外部から、DXと自社ビジネスの業務に習熟したDX人材を調達することは難しく、だからこそ自社内でのDX人財育成やリスキリング(学び直し)が最も有効な方法と注目されています。

さらに全社員のデジタルスキルを強化し「DX」に対して意識付けを始めることから、新入社員まで含め、全社員のDXリテラシーを底上げをすることで、DX化が必須の時代の危機感を全社に広めていきたい、といった企業ニーズが高まっています。

そこで、ネクストエデュケーションシンクは、これからのAIやIoT、RPA、クラウド化等が必須のデジタル・トランスフォーメーションの時代に先見性をもって生き抜くことができるIT人財、営業人財、ビジネス創造人財、DX推進人財を目指してもらうための最新eラーニングツールと、「DX検定(TM)」をセットにした短期集中育成プラン『DXリテラシー・育成・認定パック(DX検定+eラーニング2022)』を2022年4月1日より提供いたします。

■「DX検定(TM)」とは、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代の社会の発展・ビジネス全般に必要な、デジタル技術によるビジネスへの利活用を進めるために、日々爆発的に増加する新世界のテクノロジー用語のうち、新しい社会をリードするDX人財として理解すべき先端IT技術トレンドと、ビジネストレンドの用語知識を幅広く問う検定です。(主催:一般社団法人 日本イノベーション融合学会)

■「DX Study(TM) eラーニング2022」は、「DX検定(TM)」の準拠教材で、日々爆発的な進化を続けるIT技術トレンド(IT技術知識)編とビジネストレンド(ビジネス知識)編の両分野から厳選・編集した最新の必須用語を学習できる効果的な、ドリル型の「eラーニング」です。

スマホ、PC等でオンラインで学習することで、日々世界のビジネスを変革している先進のIT技術と、ビジネスモデル全般の知識が短期間で効率的に身に付き、これまで知らなかったことに自ら気付くとともに、本教材の学習後は、自信を持って主体的に新時代のビジネスを切り開けるように意識が変わります。

検定準拠の本eラーニングで十分に学習してから、2022年7月実施の第9回「「DX検定(TM)」を受検することで、DX推進人財としてのハイスコアを目指せるだけでなく、学習の成果を、全国平均と比較してカテゴリー毎に数値で可視化することができます。

また「DX検定(TM)」は、企業で社員の目標となる育成指標も発表しており、DXレベルを認定することが可能です。認定証も発行されます。(認定の有効期限は、結果発表より2年間)
・スコア800以上 ⇒ 「DXプロフェッショナル レベル」
・スコア700以上 ⇒ 「DXエキスパート レベル」
・スコア600以上 ⇒ 「DXスタンダード レベル」

これにより、学習⇒効果測定までを一気通貫に行うことができます。

eラーニング教材+DX検定(TM) パックの進め方イメージ

eラーニングの学習後に、DX検定をセットし、研修効果測定ができる特別パックです。

<スケジュールイメージ>

<2022年4月上旬~7月上旬など(例)>
「DX Study(TM) eラーニング 2022」 で学習

<2022年7月>第9回 DX検定(TM) 受検
※50名様以上の団体受験の場合、別途企業向け受検の検定実施日も設定可能ですのでご相談ください。

 

■『DXリテラシー育成・認定パック』ページはこちら

■「DX Study(TM) eラーニング2022」 教材ページ】はこちら

■2022年7月に第9回の検定が実施される「DX検定(TM))」の公式サイトはこちら

■「DX検定(TM)」「DXビジネス検定(TM)」の「企業における目標スコアレベル」(標準指標ver2.0) のダウンロードはこちら

サービス概要

サービス名

DXリテラシー・育成・認定 内定者パック(DX検定+eラーニング2022
「DX Study(TM) eラーニング2022」
+
「DX検定(TM) 第9回」(2022年7月実施)

販売価格

DXリテラシー育成・認定パック 特別価格>
以下標準価格合計 15,800(税抜)17,380(税込)のところ

特別価格 15,000円(税抜)/16,500円(税込)にてご提供

<eラーニング標準価格> 9,800円(税抜)/10,780円(税込)
<DX検定(TM)受検料> 6,000円(税抜)/6,600円(税込)

eラーニング 標準学習時間

全分野で20時間 アセスメントモード トレーニングモード あり ※スマートフォン、PC、タブレットなどで同期してオンラインでいつでもどこでも学習可能です。

eラーニング 収録用語数

最新の300用語厳選
編集委員会にて年2回最新用語に更新しています。

eラーニング 学習有効期間

3か月(一人1ライセンス契約)
 スマートフォン、PC、タブレットなどで同期していつでもどこでも学習可能です。

動作環境

次のブラウザを推奨しています。
PCGoogle Chrome
その他のブラウザは、FirefoxEdgeをご利用ください。
※Macintoshでは動作保証はしておりません。
※eラーニングはスマートフォンで学習可能です。iOS/Android ともに標準ブラウザをご利用ください。

<eラーニング・オプション> 企業管理画面

企業の管理者向け。多人数の場合の社員の学習進捗状況管理が可能。
 詳細はお問合せください

本リリースへのお問合せ

東京都文京区本郷5-1-16 VORT本郷3F
株式会社ネクストエデュケーションシンク マーケティング部 齋藤(加那)
TEL:03-5842-5148  FAX:03-5842-5147
e-mail: info@nextet.net

5いま注目されているNETコンテンツ

NEWデジタル人事・コンサルティングサービス「Latenta™」

「DXビジネス検定™」DX入門者から、新入社員、若手社員、管理職、経営層も含めて全ての企業人の方を対象とした新試験

「DX Study Biz ™」DXビジネスの全体像を見通し、<ビジネス変革>を目指す人財を育成

「DX検定™」DXの先端IT技術トレンドとビジネストレンドの知識レベルを認定

「DX Study™」DX検定™完全準拠「DX人財育成」のためのeラーニング/修了証出力も可

「DX人財育成・認定パック」検定とeラーニングをセット化。学習からレベル認定迄一気通貫に可能

「NET*ASK™」適性・資質、個性をわずか7分で見極めるアセスメント

「人間力診断™(総合コンピテンシー診断)」リーダー人材に必要な能力を全国平均と比較

「イノベーティブ人財診断™」 イノベーティブ人財に求められる能力要素を可視化する

「ITSSレベルチェッカー™」ITスキル標準(ITSS)準拠の客観型スキル診断のベストセラー

「社会人基礎力診断business™」人生100年時代に必須の3つの能力、12の能力要素を可視化

パンフレット・カタログの一括ダウンロード

各種お問い合わせ
資料請求、各種診断のご試用のお申込み、
お見積もり依頼、営業からのご説明依頼、
その他のお問合せは、こちらからどうぞ
お問い合わせはこちら
お電話での
お問合せはこちら
tel.03-5842-5148
月曜日~金曜日の
10時~18時まで承ります
(祝祭日・年末年始を除く)
ページトップへ